4月1日より札幌消火栓マーク株式会社の譲渡を受けました

消火栓標識株式会社の歴史は古く、昭和42年設立で50年前からある会社です
皆様にお馴染みの消火栓ですが、元々は標識はついておらず火事の際に逃げ遅れる人が
大勢いたそうです。そこで国及び地方自治体の予算で消火栓標識の設置が検討されましたが
当時の財政事情から実現にいたらず、やむなく民間会社が消防本部と協力して維持管理し
その費用は標識に広告を添加しその収益をもって充てるとういう民間方式が採用されました

ただ眺めていただけの消火栓標識ですが、歴史を知り、広告主様達にお会いするうちに
ただの誘導看板ではなく社会貢献という素晴らしいものだということに気づきました
この消火栓標識の理念等を風化させてはいけない…
また、この不景気の中、協賛して頂いている広告主様達のためにも弊社は全力を挙げて勤めていこうと
固く誓いました

前置きがかなり長くなりましたが札幌消火栓だい1号をご覧ください